今年って2017年なの? 

今年って2018年じゃないの?
正解がわからない。
覚えてもまあ忘れてしまいます。

リップヴァンウィンクルの花嫁という
DVDを観ました。
あなたを見ているとイライラする、
とわたしは言われたことがあるのですが、
まあそれもなんとなくわかる。
リップの主人公さんも、
タイプは違うけどイライラさせたり、
あの人も友達ほとんどいないなあ。

なんかでもすべてうつくしい気もする。
わたしを許せないという人も、
受け入れてくれた人も、
去年いっぱいいた。
いろいろあるけれど、
肯定的な意味で、
自分がいつかいなくなったら、
この世に跡形もないっていうことが、
いちばんうつくしい気がする。

DVDの他に、
NHKで忠臣蔵とか観たけど、
攻め入る時に理由を書いた看板みたいなのを
わざわざ立てるのね。
死ぬかも知れないのに律儀だわ…
て思ったけど、
死ぬからこそ丁寧に最後を飾るのかな?
ものの道理とか、道筋、
とか言うものかも知れない。
斬り殺す前に、ごめん!
とかほんとうに言っていたらすごい。
おしまい。

[2017/01/05 07:50] とりとめのないこと。 | トラックバック(-) | コメント(-)