奥州藤原氏一族。 

夏やし、きけわだつみのこえとか読んでいます。
手紙や日記は読むのも書くのも好き。
もっとフラットなものやったら
いろんなのが現存する中で、
わたしは桃水が一葉に宛てたお手紙なんかが好きです。
どうしたらあんな手紙書けるんや。
追って、寺山修司さんの、
お金を無心するハガキも好ましいのでした。
「ホンノチョットデイイ オカネホシイ」
とか書いてあったはず。
(原文忘れた。チガッテタラスミマセン)
こういうハガキわたしも誰かに出してみたいなあ。
おしまい。
[2016/08/20 00:40] とりとめのないこと。 | トラックバック(-) | コメント(-)

掟破りのダーティーファイト。 

それで義経はラストお堂で自害するのですが、
義経存命中には数々の逸話があるけれど
やっぱり有名になるだけある
屋島にて大活躍那須与一。粋。
安宅の関の勧進帳も好き。
有名どころ。
藤原秀衡の義経を思う気持ちも、そこはかとないです。
再び平泉に戻った義経を受け入れ、しかし病死。
秀衡の、義経を全力で守れという遺言を
秀衡の息子泰衡は頼朝の、義経渡さぬば攻め入るぞ
ていう脅迫に慄いて、義経を追い詰めるのですが、
それに反対した他の兄弟をも殺してしまいます。
最終的には義経を打ったところで頼朝軍勢は攻め入り、
泰衡もまた頼朝の手に倒れるのでした。
戦略にしても、タイミングとしても、
戦はどっちかは勝ってどっちかは負けるのであって、
いずれにせよドラマが生まれるのだった。
しかし平泉までよく逃げ切れました源九郎義経。

というわけでこんばんは。
オリンピックって今やっとるの?
毎日暑い。だるだるです。
それでも夏が好き。
今年の夏は好きな音楽のジャンルがしぼられて、
同じ系統ばかり。
あっつーい中で聴くぶんちゃっちゃぶんちゃっちゃ。
スピーカーから流れる低音がこんなに心地よいとは。
おしまい。
[2016/07/26 12:08] とりとめのないこと。 | トラックバック(-) | コメント(-)

縁もゆかりも無いこの町で。 

プロレスラーをやめる夢を見ました。
わたしはまだ試合に出たこともなくて、
練習とかしかしとらん段階で、
わたしがプロレスラーをやめます
とチームに宣言したら、
あんたみたいタイプはこれまで
この業界に飛び込んでこなかったから、
珍しいってみんな喜んでいたのに、
と言われました。
意外だなあ…と思いました。
みなさんに受け入れられていたとは…。
それで、みなさんともっとたくさん
いろいろなことを話したりすればよかったです。
と言い残して乗り込んだバスが、
窓から覗いた景色が空の下みたいです。
遠くに小さく街が見えて、
このバス落ちてしまうのかしら…と。
窓際で少し心配になりましたが、
でも誰も慌ててないわ、大丈夫なのかしら。
それともわたしもう死んだのかしら…。
おしまい。
[2016/02/22 16:10] とりとめのないこと。 | トラックバック(-) | コメント(-)